ローンで困った時に利用するなら カードローン審査比較最大ラボ必須

カードローンで困った時に利用するなら

 

ローンで困った時に利用するなら カードローン審査比較最大ラボ必須

何かローンに関わることで何か困ったことが起こったら、国民生活センターに行ってみるのも良い方法です。

 

国民生活センターとは、国民生活の安定や向上を目指す独立行政法人です。

 

国民生活センターが行っているのは、

 

市販商品のテスト、情報の収集や公開、消費生活についての相談の受付といったものです。

 

相談窓口として国民生活センターが設置しているのが、消費者ホットラインという電話です。

 

いろいろとローンについて相談したいけれど、

 

どこに近くの消費者生活相談窓口があるわからないという人は、ひとまず電話で問い合わせをするようにしましょう。

 

近年では、ローンに関連した相談が増加しているようです。

 

毎月の住宅ローンの返済が大変になってきたという人や、

 

返済を連帯保証人となった家族の代わりにしたいという人も中にはいます。

 

ローンの契約を進めているけれど内容に不満があるという人など、

 

様々な事情で国民生活センターの相談窓口を利用しています。

 

困っている人の中には、闇金業者から高金利の融資を受けてしまったという方もいるようです。

 

状況がもっと悪化する前に対応することが不可欠なのがローンの悩みですが、

 

つい1人で片付けようとしてしまいがちです。

 

なかなか専門知識がない人には対処できないこともあります。

 

ローンの利用中に困ったことがあったら、国民生活センターの相談窓口を利用することも選択肢に入れておくといいでしょう。

 

国民生活センターの相談窓口は借金の相談以外にのってくれる?ローンについて相談したい

 

国民生活センターは独立した行政機関になります。1970年10月1日に特殊法人として設立されました。

 

その後2003年の10月には独立行政法人化されて現在にいたります。

 

国民生活センターの目的は、一つが国民生活の安定及び向上に役立てることです。

 

もう一つは、国民生活の研究や調査目的にあります。

 

基本的に国民であればだれでも相談することができるため、いざという時に頼りになる存在と言えるでしょう。

 

相談窓口は全国に760カ所ほどあり、電話で相談することもできますが、直接市町村のセンターに赴いて相談することも可能です。

 

国民生活センターに相談をする場合、どのような相談でもできるわけではありません。

 

基本的に金銭的なトラブルが発生した場合に相談するところになります。

 

例えば、怪しいビジネスにつかまってしまい

 

返金してもらいたいと考えているがどうしたらいいかといった内容や、

 

商品を購入したお店との間でトラブルが発生しているので、解決する方法を教えてもらいたいといったものがあります。

 

国民生活センターの相談員は、公的な資格を持っているため、わりと幅広い範囲で問題の解決を図ることができます。

 

同じく法律相談をする相手としては弁護士がいます。

 

弁護士の登録者数は1万人を超えていますので、等分に関するものは弁護士に相談する方法もあります。

 

ですが、弁護士に相談をするとお金がかかる可能性があるためなかなか相談しにくいという人もいるはずです。

 

そのような人のために国民生活センターがあります。ただ、各地方自治体で法律相談を無料で行っていることがありますので、そちらを利用することもできます。

 

法律相談は電話で相談するのは難しく、実際に各市町村の市役所などに赴かなければなりません。相談窓口には借金の相談が多くあります。

 

借金をしたけども返済することができなかった場合どうしたらいいかといったものです。

 

ローンについての相談ができるか問題になりますが、事例によっては可能になります。

 

実際に2016年度の1年間でローンに関する相談はおよそ2000件弱あります。

 

ローンに関する相談は年々減少しています。

 

かつては年間3000件以上の相談が寄せられていましたが、

 

最近は法律が厳しくなったため業者の方でもトラブルになるようなローンを提供していないことも減少した原因になっています。

 

ローンに関する相談は基本的にできますが、中にはできないものもあります。

 

例えば、ローンを組むために保証人が必要であるけども、

 

国民生活センターの方で保証人を立ててくれないかといったものや、

 

ローンの期限が迫っているけども返済するお金がないのでお金を建て替えてほしいといった内容のものです。

 

このような内容では相談しても門前払いされるでしょう。

 

ただし、借金をしたけどもお金が払えなくなったのでどうしたらいいかと言う内容であれば問題ありません。

 

基本的に相談できる内容は、

 

お金を借りた後のトラブルや問題をより無難に解決するにはどうしたらいいかといった内容になります。