無職の方でも東京スター銀行から借りられるパターンとは

無職の方でも東京スター銀行から借りられるパターンとは

 

無職の方でも東京スター銀行から借りられるパターンとは

銀行から借りるとなると、無職の方々は審査を懸念している傾向があります。

 

というのも銀行などは、やはり安定した所得を気にしている事が多いからです。

 

無職となると、本人には安定した所得が無いと考えられるので、

 

借りるのが難しくなってしまうと考えている方も多いのですね。

 

しかし無職ならば、「必ず」借りられないという意味ではありません。

 

状況によっては、借りられるパターンもあるのですね。

 

そして東京スター銀行のスターカードローンは、そのパターンがあります。

 

例えば学生の方々です。実はその商品は、学生の方でも借りる事はできるのです。

 

学生の場合は、本人はアルバイトをしていない事も多々ありますね。

 

働いていない訳ですから、いわゆる無職と見なされる事もあります。

 

しかし学生は、ご家族と同居をしている事も多いでしょう。

 

同居人に安定した所得があると考えられた時には、東京スター銀行から借りられるケースも多いです。

 

それと専業主婦の方々です。家事のみを行っている訳ですから、主婦本人には安定した所得はありません。

 

しかし同居している配偶者の方に、その所得があるケースも珍しくないでしょう。

 

上記の学生の方と同じく、この銀行で借りられる事例もしばしばあります。

 

ですので無職の方でも、この銀行から借りられるケースはある訳ですね。

 

同居している方に安定的な所得が見込まれる時には、申し込んでみると良いでしょう。

 

東京スター銀行カードローンで即日振込 在籍確認の電話なしでキャッシングできる?

 

東京スター銀行は東京都港区に本社のある地方銀行で、30を超える店舗を構えています。

 

とても低金利なカードローンが用意されており、年率1.8%〜14.6%の金利で借りられるのがメリットです。

 

利用限度額に関しては10万円という少なめの設定から、最高で1000万円まで対応可能です。

 

地方銀行ではあるものの、即日入金が利用できますので、急ぎでお金を借りたい場合に便利です。

 

地方銀行のカードローンの場合、即日審査が可能でも即日融資には対応しないところが割と見られます。

 

また、ATMからの借り入れに限られてしまい、振込融資は不可能であったり、

 

利用するなら条件の厳しいカードローンを選ばなければならないなど、やや使い勝手の悪い商品が一部にあります。

 

東京スター銀行は地方銀行でありながら、即日融資やインターネットバンキングを通じた振込融資など、

 

柔軟な対応をしてくれますので、とても使いやすいカードローンとして重宝するでしょう。

 

即日融資による即日入金を利用するには、事前にスターワン口座を作っておく必要があります。

 

スターワン口座とは東京スター銀行の総合口座のことです。インターネットや郵送を利用すれば、

 

来店不要でスターワン口座をつくることが可能で、手続き自体はとても簡単です。

 

銀行営業日の9時30分までに公式サイトから申し込みをして、

 

審査が終了した後、お昼の12時までに契約手続きが完了すれば、その日のうちに本人名義のスターワン口座へ振込みによる融資を受けることが可能です。

 

申し込みの当日に対応する即日融資は10万円が上限額になります。

 

1回きりの利用ですので、その点には注意してください。

 

契約手続きが完了した後、ローンカードが手元に届けば、

 

限度額の範囲内で何度でもインターネットバンキングを利用した振込融資による即日入金が可能です。

 

審査の際に在籍確認なしだと職場に電話連絡がこないため安心しますが、

 

東京スター銀行のカードローンの審査では必ず在籍確認が行われます。

 

在籍確認なしでお金を借りることはできません。

 

審査状況によっては在籍確認の電話連絡がやってこない場合があるものの、

 

このケースだと既にそれ以前の段階で審査に落ちている可能性が高いと判断でき、あまり良い状況とはいえません。

 

他社のカードローンでも在籍確認の連絡が来れば、ほぼ審査に通過するとされていますので、きちんと対応してください。

 

面倒に感じられるでしょうが、とても簡単な確認内容ですので、恐れる心配はありません。

 

電話の際にはプライバシーに配慮して個人名でかけてくれることが多いですので、

 

職場の人にカードローンの利用をバレるリスクはほぼ無いといってよいでしょう。

 

自宅で仕事をしている個人事業主であったり、専業主婦や年金生活者の場合だと自宅に確認の連絡が来ます。

 

因みに在籍確認の電話に出なかったり、職場の連絡先を偽るなどして確認が取れないと、

 

ほぼ確実に審査に落とされますので気を付けましょう。

銀行系カードローンの特徴について

カードローンは、保証人や担保などの必要がなく、個人で借りられるローンのことです。

 

取り扱っているのは、銀行のほかにも消費者金融などの会社があり、数多くあります。

 

スター銀行カードローンも、銀行カードローンのひとつです。

 

広告では、銀行系カードローンや、銀行カードローンという名称をつけている銀行も、少なくありません。

 

これらの言葉は似てはいますが、大きな違いがありますので、ローンを利用する際には理解しておく必要があります。

 

資本は銀行のものである消費者金融会社や、数社の合併によってできた新しい消費者金融会社も存在します。

 

様々なカードローンがありますが、中でも銀行系の消費者金融会社によるものが、銀行系カードローンとなります。

 

銀行系のローンを申し込みをする際には、消費者金融会社との契約となります。

 

一方、銀行自体が個人にお金を融資しているのが銀行カードローンです。

 

銀行カードローンで融資を受ける時には、銀行に対して申込み手続きが必要になります。

 

このように銀行のカードローンと銀行系のカードローンとでは、扱っている会社が違いますが、

 

どちらも消費者金融系や信販系に比べると金利が低めに設定されていることが多いという特徴があります。

 

銀行カードローンの特筆すべき点は、総量規制が適用されないところです。

 

銀行系カードローンは、総量規制内の融資金額に留まります。

 

金融会社によっては、貸付限度額や、金利設定、返済の条件、審査の通りやすさなどが異なっていますので、自分に合うところを探すことが重要です。