即日融資に欠かせない無人契約機の弱点とは

即日融資に欠かせない無人契約機の弱点とは

即日融資の強い味方となるのが無人契約機。キャッシング申し込みで時間がかかりやすい必要書類の送信なども、

 

無人契約機を使えば簡単にスキャンして提出できます。

 

スピーディーな申し込みができる無人契約機ですが、実際に使ってみると意外な欠点もあります。

 

その日のうちにお金を引き出せるように、前もって無人契約機の弱点を知っておきましょう。

 

先客がブースに入っていることがある

 

無人契約機は個室ブースになっており、中から施錠できるので安心して利用することができます。

 

こうしたプライバシーへの配慮はうれしいですが、先客がブースに入っていると手続きが終わるまで無人契約機は使用できません。

 

中にはブースが複数設置してあるところもありますが大抵はひとつです。

 

急いでいるときはブースに先客がいることも考えて、複数の無人契約機の設置場所を利用候補に入れておきましょう。

 

審査結果待ちに時間がかかる

 

無人契約機での手続きには待ち時間が発生します。

 

申し込みをしたあと審査結果の回答には30分ほどかかってしまうのです。

 

ブースに入ったまま審査結果を待つタイプの無人契約機の場合、

 

自分の手続きに時間がかかるのはもちろん、先客の手続きにも時間がかかってしまいます。

 

前もって電話やインターネットで申し込みを済ませていると、

 

無人契約機での手続きは契約とカード発行のみとなるので、待ち時間を大幅に短縮できます。

 

キャッシング即日融資を活用するにはこうした細かい部分での時間短縮も重要です。

 

当サイトオススメキャッシングはこちら

 

・プロミスキャッシング

 

・モビットWEB完結

非常に便利なキャッシング

私がキャッシングを使用するきっかけととなったのは、パチスロにはまり、軍資金がなくなっていた時でした。

 

前々からよく見ていたキャッシングのポスターに、キャッシング即日融資の文字。

 

気づいたらアコムの無人契約機の中に入っていました。

 

無人契約とはどのように行うのかわからぬまま入ったのですが非常に簡単でした。

 

まず、自分自身の情報について紙に記入します。

 

名前、生年月日、住所、電話番号、勤務先(アルバイト先)住所・電話番号、年収など、特に変わった内容ではありませんでした。

 

記入した用紙を目の前の画面がコピー機のようになっており、

 

そこに置くと、情報がコピーされキャッシング会社に送られるといった感じです。

 

そして、次に身分証明書の提示が求められます。

 

身分証明書としては免許証が使いやすいと思います。

 

それについても先程同様にスキャンし、情報が送られます。

 

その後、本人確認のため自宅、勤務先へ電話確認がされますが、その場で待っているだけなので、特に問題ありません。

 

本人確認が終わると、もう契約完了となります。

 

契約後、カードを受け取ると、キャッシング即日融資といっていた通り、その場でキャッシング可能となります。

 

このようにキャッシングとは非常に簡単で、アルバイトしていれば大学生でも借りることができます。

 

ただし、金利が高いので利用する際はしっかりと計画的に使いましょう。

 

私のように、無計画に借りてしまうと、返済に追われるようになりますので…。