滞納中でもお金借りれる?

キャッシング滞納中でもお金借りれる?

 

滞納中でもお金借りれる?

昨今は、ネットなどから申し込んで気軽にお金を借りれるサービスなども増えています。

 

自分では借りたお金を返せると思っていたのが、

 

ついお金を借りすぎて返済期日内に返せない!というような事態に陥る人も少なくありません。

 

もちろん、多少返済が遅れてしまったからといって、

 

きちんと金融業者に返済が遅れることと返済日を連絡すれば、

 

それほど大きな問題になることはありません。

 

それをせずに滞納をしてしまうのは問題です。

 

基本的に金融業者から借りたお金を返済せずに滞納していると、

 

現在、借りている金融業者から再度お金を借りることはできなくなります。

 

しかし、他の金融業者であれば借りれるのではないかと考える方もいるでしょう。

 

確かに現在、お金を借りている金融業者でなければ、

 

状況によってはお金を借りることが出来る場合があります。

 

 

例えば、滞納期間が短いような場合は、ほぼ問題なく借りることが出来るはずです。

 

なぜなら、滞納期間が数日の場合、

 

何度も滞納を繰り返しているというケース以外では、

 

まだ個人情報に事故情報が登録されていませんので、

 

他の金融業者には滞納を知られていない状況となります。

 

 

 

そのため、このような場合は、大手の消費者金融などからでも問題なく新たにお金を借りることが出来るといえます。

 

しかし、滞納が数か月にわたっている場合や何度も繰り返しているような場合は、

 

個人情報に事故情報が登録されますので、

 

おそらく、大手の消費金融でお金を新たに借りるということは難しいといえます。

 

 

金融事故情報が登録される滞納期間の目安は金融業者によって違いますが、

 

早いところで2ヶ月、遅いところでも3ヶ月滞納すると確実に登録されます。

 

 

ですので、この段階になって金融業者に借り入れを申し込んだとしてもお金を借りることはできないといえるでしょう。

 

では、3ヶ月以上滞納している場合、

 

本当にどこからもお金を借りることが出来ないのかというと、借りれるところはあるにはあります。

 

 

しかし、その多くは法外な金利をとるヤミ金業者と思ってよいでしょう。

 

お金を返すことが出来ないからといって、このような業者を頼ってしまうと、

 

状況はよくなるどころかさらに悪化するだけですので、新たに借りれないと分かったのであれば、

 

司法書士や弁護士などの専門家の力を借りて早めに債務整理を行うことが重要です。

 

 

また多少の滞納期間であれば、お金を借りている金融業者と話し合いをすることで

 

返済しやすいように返済方法を変更することなども出来ますので、

 

なるべく早く解決の道を探るようにしましょう。

 

 

なお数日の滞納期間であれば問題なくお金を借りれると先述しましたが、

 

滞納中でもお金借りれる?

もしも、この段階で新たに借りたお金を現在、

 

滞納している金融業者への返済に回すというような悪循環に陥っている場合は注意が必要です。

 

 

借りた先から返すというような自転車操業を続けていると、必ず、どこかでお金を返せなくなり滞納が増えてしまいます。

 

そうした状況をなんとか回避しても、複数の金融業者から際限なくお金を借り続けているという情報は

 

いずれ個人信用情報から共有されてしまいますので、

 

返済能力がないと金融業者に判断されてしまうこともあります。

 

 

こうなると、正規の金融業者からはお金を借りることが出来なくなりますので、

 

複数の金融業者からの借金だけが残ってしまうことになりかねません。

 

もちろん、返すあてがあって一度だけ他の金融業者からお金を借りて、

 

滞納している借金の返済にあてたような場合は、

 

事故情報に登録されることを回避するための方法といえますが、

 

 

それが長く続いてしまい、自転車操業になっているような場合は、

 

やはり専門家の力を借りて、債務問題の解決をはかった方がよいでしょう。

 

なるべく滞納の無い様に、

 

返済シミュレーションを行っておくことをお勧めします。

 

ほかの消費者金融で滞納しているのにお金借りる審査通る? どうしてもお金が必要な場合

 

他の消費者金融で滞納している場合は、ほとんどの場合で審査に通ることは難しいです。

 

ただ、滞納の状況によっては後で審査に通る可能性はないとは言えません。

 

そもそも、消費者金融でお金借りるときは銀行とは異なって、貸金に関する法律の基準によって融資が行われますので、銀行の基準ならばお金を借りることができないケースであっても、消費者金融の基準ならばお金を借りることが可能なケースはあります。

 

消費者金融でお金を借りる際には、まずこの消費者金融の基準をしっかりと把握しておかなくてはいけません。

 

消費者金融は、貸金に関する貸金業法という法律的な枠組みで融資を実施しなくてはならないように求められていますので、貸金業法に書かれているルールさえ守ればお金を貸すことができます。

 

この貸金業法の中に書かれているルールとして非常に重要になるのが、総量規制に関連するルールです。総量規制は、お金の貸し借りに関する消費者の消費者金融の限度額に関する規制のことを意味します。

 

消費者金融は、総量規制の適用化にある限りは、その消費者の年収の三分の一以上の融資を行うことが不可能になっています。

 

これは、ほぼすべての消費者金融に当てはまることであるため、滞納している原因が、すでにお金を借りすぎていることが原因であるのならばお金を借りることは難しくなります。

 

ただ、こうした状況であってもお金を借りることが可能な例外は存在します。

 

その例外というのが、消費者の過失や故意によって滞納が発生しているわけではないことです。

 

例えば、消費者金融の中には過払い金などの問題に関して、消費者に関して非常に不利になってしまうトラブルが存在します。

 

原則として、過払いのように消費者が悪くない問題に関しては、それについて消費者が過去に滞納していたり、

 

消費者金融に対して過払いの返還請求を求めていたようなケースでは、

 

いわゆるブラックリストに消費者のそうした状況を掲載することは許されないことになっています。

 

実際に、過払い金問題のトラブル解決に関して債務整理を利用した消費者は、

 

行政の告示によってブラックリストにその情報の掲載を載せてはいけないようになっています。

 

当然ですが、お金を借りる消費者が非のない状況ではその消費者に対して

 

何らかの責任を背負わせてしまうことは非常に酷な事態になってしまいます。

 

お金を借りるときの審査状況も同じで、こうした法律的なトラブルに関して消費者に非がないことを証明することが出来れば、

 

何らかのトラブルが生じていたとしてもお金を借りることができる場合はあります。

 

貸金業法の制限や規制は、融資に関する消費者と消費者金融のトラブルのリスクを小さくするために存在するものであるため、

 

原則として両者にトラブルが発生する余地がないと考えられる融資の契約については、それを咎められることはありません。

 

この点は独自の基準を作る銀行とはかなり異なっているので、消費者金融の基準と一緒にしないように注意をしましょう。