新生銀行レイクカードローン即日融資 主婦でも借りれる?

新生銀行レイクカードローン即日融資 主婦でも借りれる?

 

一般的な消費者金融が提供するカードローンでは、総量規制の対象となるので専業主婦の方は利用することができできません。

 

総量規制とは、貸金業法で定められた借り入れを希望する人の年収の3分の1までしか、お金を貸し出すことができないという規制のことになります。

 

そのため、収入のない専業主婦は1円もお金を借り入れることができないことになってしまいます。

 

しかし、主婦の方自体がパートなどで収入を得ていれば、

 

その収入は1年以上勤続していれば安定した収入と見なされますので、パートの年収の3分の1までならお金を借り入れることができます。

 

とはいっても主婦の方にとっては消費者金融が提供するカードローンは制約が大きいサービスということになります。

 

レイクはかつては、消費者金融でしたが、いまは新生銀行が提供するサービスに変わっています。

 

 

銀行は、貸金業法が適用されないので、総量規制の対象となりません。

 

ですので、新生銀行レイクカードローンは、専業主婦の方でもお金を借り入れることができます。

 

一方で、一般的な銀行が提供するカードローンでは、審査に時間がかかり、

 

申し込んだその日に即日入金をできるところが少ないというデメリットがあります。

 

しかし、新生銀行レイクカードローンは、かつて消費者金融であったノウハウを生かして即日入金に対応できるようになっています。

 

ですが、即日入金を可能にするためには、ある一定の条件を満たす必要があります。

 

例えば、借り入れたお金を、自分の持っている口座に振り込んでもらうという形で受け取るためには、

 

その口座がある金融機関の振り込み業務が締め切られる前に、

 

申し込み、審査、契約の全ての手続きを済ませておく必要があります。

 

ほとんどの金融機関では、振り込み業務は平日にしか行っておらず、

 

平日でも午後二時ごろには振り込み業務が締め切られるので、

 

自分の持っている口座に振り込んでもらうという形で借り入れたお金を即日入金で受け取ることができるのは、

 

平日だけで、なおかつ午後二時までに全ての手続きを済ませておくという条件を満たす必要があります。

 

とはいっても、人によっては、土曜日や、日曜日、祝日などしかカードローンの申し込みができないなど、

 

この条件を満たすのは、それほど簡単なことではない人も存在します。

 

そんな人が新生銀行レイクカードローンに申し込んだその日に即日入金をしてもらうためには、

 

振り込みではなくATMを使って借り入れたお金を引き出す方法を選ぶ必要があります。

 

ATMを使って借り入れたお金を引き出すためには、申し込んだその日にカードを発行してもらう必要がありますが、

 

土曜日や、日曜日、祝日、平日の夜遅い時間でも無人契約機が営業していて、申し込んだその日にカードを発行することができます。

 

新生銀行レイクカードローンに申し込むときには、

 

本人であることを証明する自動車運転免許証などの書類が必要になりますので、忘れずに持っていく必要があります。