学生カードローンの在籍確認はどうしたらいい?審査の電話が不安

学生カードローンの在籍確認はどうしたらいい?審査の電話が不安

 

学生カードローンの在籍確認はどうしたらいい?審査の電話が不安

キャッシングサービスにも様々な種類がありますが、その中でも学生ローンと呼ばれるものがあります。

 

このサービスは乙の名前が示しているように学生を対象としているものであり、

 

一般のキャッシングやローンの特徴とは少し異なるものがあります。

 

具体的には在籍確認がありません。

 

通常のローンであれば借り手がどこに勤務しているのかをしっかりと確認する在籍確認が行われます。

 

それはお金を貸すに当たり、返済することができる能力があることを証明する1つの手段となるからです。

 

これに対して学生ローンの場合には、仕事があったとしてもアルバイトである場合がほとんどであると言う事情があり、

 

一般的に職場への在籍の確認が行われる事はありません。

 

学生ローンの場合に職場への在籍の確認が行われない背景には、

 

非正規雇用である学生の場合には職場の確認をしてもあまり意味がないと言う現実があります。

 

また学生の場合にはお金を稼ぐ能力に限界がありますので、そもそもキャッシングを行う限度額も低く抑えられています。

 

現実的に返済不可能な金額をキャッシングで貸し付けることがありませんので、

 

一般のローンのように在籍確認を行う必要がないと考えられています。

 

そのため学生ローンの場合には自己申告のみでキャッシングの契約を完結することが可能です。

 

この仕組みを利用して敢えて利用する人も存在しています。

 

一般的にはこの学生ローンは50万円以下を限度額とする貸付となっています。

 

この金額までであれば触媒の在籍確認を必要としないケースが多いのです。

 

逆に50万円を超える貸付を希望する場合には確認行われることになるでしょう。

 

お金を借りるという事には一定の信用が必要です。

 

信用とは貸したお金をしっかりと返すことができるかどうかという点が重要になってきます。

 

金額が多い場合には何らかの形で返済能力があることを示さなければなりません。

 

これがどのような場所で仕事をして収入を得ており、またそこに在籍しているかどうかを確認するという作業につながるのです。

 

したがって学生向けのローンの場合には、まず第一に限度額を低く抑えます。

 

これはそもそも定職を持っていないことが前提である学生の為、返済能力に限界があると言うことを前提としているためです。

 

そのため非正規雇用の職場の確認をすることもありませんし自宅に来ることもありません。

 

学生向けのローンの一般的な限度額までの利用であれば、特に問題なく契約することが可能です。

 

 

 

学生ローンは即日融資可能?今日中にお金がいるので振込希望

 

高校生の頃は親からもらえるお小遣いやアルバイト代があれば、何とか生活することが出来たけれど、

 

大学生や専門学校生になったらそれが難しくなったという人は少なくありません。

 

親元を離れて一人暮らしをしながら学校に通っている人の場合は特に、周囲に頼れる人がいないので、お金がなくて困ったときには、学生ローンを利用するようにしてください。

 

申し込んだその日のうちに審査が完了し、即日入金してくれるローン会社も多いので、いざというときは頼るようにしましょう。

 

本日のデート代や飲み会がないとか、家電量販店で見かけた特価商品が売り切れる前に欲しいというときは、今日中にお金が必要になります。

 

友人に借りる方法もありますが、返済が遅れると、人間関係がぎくしゃくする可能性があるので、

 

そんな不安もなく、気軽に借りたい場合は学生ローンを利用するのが一番です。

 

今日中にお金がいるので振込を希望する方には、

 

即日入金可能なローン会社を利用すれば良いので、申し込み前にそれが出来るかどうかを確認するようにしてください。

 

申し込み後の流れや、どれぐらいで融資を受けられるのかを、ホームページに記載しているローン会社は多いので、それを参考にすると良いでしょう。

 

銀行や信用金庫は審査に時間がかかるので、申し込み当日に口座に振り込んで欲しいなら、

 

スピード審査が可能な消費者金融を選んでください。

 

消費者金融は申込者に安定した収入があり、

 

過去に金融トラブルを起こしていないことがわかれば貸してくれるので、担保や保証人がない人でも安心して利用できます。

 

銀行や信用金庫よりは多少金利が高くなりますが、大手の消費者金融を選べば、

 

金利が低めに設定されているので、学生でも安心して借入することが出来るでしょう。

 

学生ローンを申し込みたいけれど、親にばれるのが心配という方は多いですが、実家の固定電話ではなく、

 

自分の携帯電話の番号を申し込み時に記載すれば、知られるようなことはありません。

 

本人確認の電話がかかって来るのは自分の携帯電話の方なので、実家にばれることはないでしょう。

 

ただし借金を滞納して、なかなか返済しないような場合は、親に連絡がいくようになっています。

 

催促状が実家に届くこともあるので、親に知られたくないなら、返済期日を守るようにしてください。

 

学生ローンを利用できるのは安定した収入のある人なので、在籍確認のための電話が、アルバイト中の職場にかかることがあります。

 

在籍確認はほとんどのローン会社が審査の際に行っていることなので、これを避けることは出来ませんが、

 

大抵のローン会社は担当者名しか名乗らないので、職場の人にばれる心配はないでしょう。

 

それに在籍確認の電話はそこで本当に働いているかどうかを確認するだけなので、細かいことを根掘り葉掘り尋ねることはありません。

 

職場の人が電話に出ても、知り合いからの電話だろうとしか思われないので、学生がお金が必要になったら、即日入金可能な学生ローンを利用しましょう。

 

 

 

親に内緒で学生ローン借りれる?どうしても親にばれたくない場合

 

親に内緒で学生ローンを借りることはできます。基本的に、学生が金銭を借りるための手段としては公的に提供されている奨学金という支援制度を利用するか、民間のキャッシングを利用するかのどちらかになります。

 

奨学金を利用する場合には様々な手続きが必要になるため親にバレる確率は高くなりますが、キャッシングの場合は親の許可が無くても借りることができるため問題なく手続きを進めることが可能です。一般的に、キャッシングというサービスは融資の上限金額が法律によってきめられていますので、その範囲内ならば条件を満たす限り誰であっても借りることができるように作られています。

 

これは、学生であっても例外ではありません。学生が融資を認めてもらうためには、まずアルバイトをして定期的に収入が存在するのかを確認する必要性があります。アルバイトに関しては、週に4日から5日間程度で十分です。そして、実際に申請を行う際には自宅で行うのではなく無人の契約機やインターネットなどを利用して行うことが可能です。自宅で親にバレるのが嫌ならば外出して申請をすれば良いですし、誰にも見られたくないのならば人が少ない時間帯に無人契約機に行けば良いです。キャッシングの審査移管は、非常に短くて早ければ30分も時間は必要になりません。

 

学生の場合に要求される資料は、学生を証明する資料と自分の身分を証明するための証明書くらいです。収入証明書に関しては必要にならないのかという疑問も存在しますが、収入証明書に関しては別の方法で審査を行いますので持っておく必要はありません。電話の確認で審査を行ってくれますので自宅に電話がかかってくるようなこともありません。審査に無事に通ると、指定した口座にお金が振り込まれてきますのでそれを確認することが出来れば十分です。キャッシングの場合は、自宅に残る資料などが存在しませんので安心して申請ができます。

 

実際に、提出しなくてはならない資料や証明書なども携帯端末のカメラで撮影してそのまま指定されたアドレスなどに送信すれば良いだけです。その確認が出来ればきちんと審査には通りますので安全です。また、お金を借りたとしても上記のように金額が初めから決められていますので、大きな金銭で返済することが難しくなるというリスクも小さいです。学生であっても十分に返済可能な金額であるため、自宅に催促の手紙も届く心配は低いと言えるでしょう。

 

 

学生カードローンの限度額は?キャッシング初心者でも50万円借りれる?

 

学生カードローンで50万円の金額を借りることは現実的に厳しい状況です。しかし、10万円や20万円程度のキャッシングならばそれほど難しくはありません。キャッシングに関しては、融資に関して明確な上限に関する規定が存在しますので、まずはその点を理解しておくことが大切です。学生カードローンの限度額を決めている規定は、総量規制と呼ばれる規制です。

 

少額融資を利用する消費者は、大きな金銭を借りて多重債務者にならないように、法律的な融資の上限を決めて安全にお金を借りることができるように工夫がされています。お金を貸す金融業者も、貸したお金を返済してもらえなくなってしまうとかした分のお金を全て損失してしまう結果になるため、メリットがありません。そこで、双方が安全に融資の契約を締結するための規制として、総量規制という規制が考えられました。総量規制は、お金を借りたい人物の年収に注目をして限度額を決めることに特徴があります。

 

具体的には、融資にやってきた人の年収の三分の位置という明確な限度額が設けられています。学生の場合は、アルバイトなどによって収入を得ることはできますが、正社員などのように大きな収入を得ることができるわけではありません。計算上は、年収で150万円以上の収入がないと50万円のお金を借りることができないため、現実的には難しい事であると言えます。しかし、10万円や20万円といった小さな金額に関して述べればそれほど難しい事ではありません。

 

キャッシングでは、少額融資に関しては収入証明書などを準備しなくてもお金を借りることができるという特徴があります。これは、クレジットカードのキャッシング枠などを想像すればわかりやすいです。クレジットカードには、お金を持たずに買い物ができるショッピング枠とお金そのものを貸してくれるキャッシング枠というものがあります。学生の身分であってもクレジットカードを利用してお金を借りることができるため、同じように金融業者を利用して少額融資を利用することはできます。これには法律的な根拠も存在します。

 

クレジットカードの少額融資と金融業者の少額融資は同じ貸金業法という法律によって提供されますので、実は準拠している法律的な根拠が同じなのです。ですから、学生カードローンであっても小さなお金であるのならば安心して利用することが可能です。最低限の収入を確保して、審査に必要な書類を集めて申請すると良いでしょう。

 

 

学生でお金借りたい アルバイトしていないけどキャッシング可能?

 

学生で生活費の基本は親に頼っているけれど、どうしてもお金が急に必要でキャッシングに頼りたい。そのようなとき、学生だから借り入れが絶対にできないというわけではありません。しかし当然学生という身分はお金を借りる上で決して有利とは言えず、いくつもの制約や押さえるべきポイントがありますので重要な点を確認していきましょう。

 

まず、最重要なのは年齢で基本的には20歳未満はキャッシング不可という金融機関がほとんどです。民法上未成年との取引には制約が多すぎるため、ほとんどの業者からは借り入れが出来ません。唯一、親権者(親)が保証人になった場合は可能性がありますが通常そういった場合は親のほうの名義で借り入れたほうがスムーズであり、レアなケースと言えます。また学生であっても定期的な収入があるほうが審査に有利な点は社会人と変わりませんので、月々5万円程度のアルバイト収入があればかなり審査には通りやすくなるでしょう。

 

もちろん、アルバイトでも在籍確認は行われますのでアルバイト先に知られたくないといった場合は注意が必要です。では、アルバイトをしていないとキャッシングは不可能なのでしょうか。結論から言うと、必ずしもそうとは言い切れません。いくつかの有利な要素が揃えば無収入の学生でも借り入れをすることが可能です。

 

まず、過去に金融事故を起こしていないことが必要で、これは大前提と言えるでしょう。加えて現在他社からの借り入れがないこと、親権者が保証人になってくれること、親権者の収入が安定していることなどが挙げられます。いずれも焦げ付きを防ぎたい業者としては当然ですので、こういった要素をクリアしていれば借り入れできる可能性はぐっと上がるでしょう。

 

一人暮らしよりは実家暮らしのほうが生活にかかる費用が少なく、所在も確認が取れやすいため一般に心証は良くなります。学業のほうでも留年をしている、あるいは留年しそうであればマイナス評価になりますので本業である勉強もおろそかにはできません。

 

卒業見込みのたっている四年生(短期大学なら二年生)はもうすぐ社会人になるためキャッシング審査に通りやすいですし、逆に入学直後であればやや警戒心を持って見られます。いずれにせよアルバイトをしていない場合、あまり限度額の高いキャッシングは難しいと思っておいて良いでしょう。身の丈に合ったお金のやりくりを学生のうちに身に着けておくことが大切です。

 

 

学生ではないが学生ローン借りれる?学生証など証明書必要?

 

学生ではない人であっても、貸出業者によっては学生ローンを借りることは可能です。学生ローンの専門業者の中には、学生以外への貸付を行ってくれるところが数多く存在しています。業者側から見ても、社会人やフリータの方が学生と比較して一般的には返済能力が高い場合が多いと考えられるため、返済が滞るリスクが少ないぶん貸し出すメリットがあるのでしょう。当然ながら学生以外には貸付をしない業者もあるので、貸付を行う場合には事前に十分な確認が必要になります。

 

学生ローンの利用には「学生証の提示」が必要だと考える方が多いと思いますが、貸付業者によっては「学生証の提示が必要ない」業者や、「学生証の提示があれば低い金利・提示がない場合は高い金利」など学生証の有無どちらにも対応している業者もあります。このような仕組みは学生以外の利用を想定して作られたものでしょう。また学生時代に利用していた場合にのみ、卒業後も学生ローンが利用ができるとする業者もあります。このような業者を利用すれば、社会人であっても学生ローンは利用可能です。

 

社会人・フリータでも利用できる学生ローンがあるとして、なぜわざわざ学生ローンで借りる必要があるのか、疑問に思うところだとおもいます。安定収入がある人であれば、一般の大手キャッシング会社などから借りればいいように感じますが、学生ローンで借りることには様々なメリットがあるのです。

 

まず「在籍確認がない」場合が多いということ。一般的なキャッシング会社では貸付を利用しようとする場合には、提示された勤務先に誤りがないか勤務先への電話などによって在籍確認が行われます。この確認が学生ローンの場合にはないため、在籍確認を回避したい人が利用することがあるのです。

 

また学生ローンは通常のローンに比較して「審査のハードルが低い」という利点もあります。そのため一般的なローンと比較してお金が借りやすく、それほど収入高くないフリーターの人でも審査が通りやすいため、学生ローンを利用するメリットがあります。

 

学生以外にも貸し付けを行ってくれる業者かどうかを知るには、各業者の公式サイトを確認することをおすすめします。貸付条件の記載欄に社会人の方でも利用可能であるか記載されているはずです。業者によっては社会人であっても無制限ではなく、「一定の年齢までのみ」学生ローンの利用が可能というところもあるため、注意が必要となります。

 

 

学生カードローンおすすめなところ 闇金を下げて学生ローンでお金借りたい

 

実店舗のある金融機関を利用すれば、闇金に遭遇することはありません。闇金は貸金業登録をしていない悪徳業者なので、実店舗を置くことはないのです。闇金に遭遇してしまうパターンはほぼ決まっており、銀行や消費者金融から借入できないときです。すでに借りすぎの状態にあると、少額に抑えても審査に通らなくなります。そんなときに誰にでも融資します、100%借りられますなどの甘い誘惑に乗ってしまうのです。

 

学生がお金を借りるなら学生カードローンをおすすめします。学生ローンの運営会社は街金タイプが多く、小規模なところがほとんどです。そのためキャッシングにはカードが用意されていないケースがあり、窓口借入・返済を基本にしているのが普通です。銀行振込による返済を用意しているところはありますが、振込手数料は自分持ちとなります。カードを発行してくれるキャッシングを探しているなら、やはり中堅以上の金融機関に申し込みする必要があります。

 

大手のキャッシングはほとんどがカードを発行してくれるので、カード1枚で借入・返済ができるでしょう。学生は学生ローンでしか借りられないと思うかもしれませんが、一般的なキャッシングも対応していることが多いです。学生は除くなどの注意書きがなければ、20歳以上で安定収入のある学生なら借りることができます。ローンにおける学生は高校生は除外されているので、例えば22歳で高校生というパターンでは借入ができません。

 

大学生は借りることができますが、20歳以上で安定収入という条件は必須となります。この条件をクリアしていれば、学生不可などと記載されていないキャッシングなら借りることができます。ただし学生の場合は最高10万円などと上限設定されることが多いので、借りすぎには注意してください。社会人よりも借入が少なくなるのは間違いないので、単発的に利用するのがおすすめです。高額の借入をすると必然的に長期返済となるため、短期返済を意識して借りてください。

 

大手消費者金融や銀行は学生に融資してくれるところが多いです。消費者金融は総量規制対象になるため、年収の3分の1が借入できる上限です。ただし実際に総量規制上限まで借りるのは難しいため、さらに希望額を下げるのがよいでしょう。初めて利用する金融機関とは信頼関係が構築されていないので、なるべく少なく借りるのがコツです。希望額によって審査通過の可否が決まってくるので、10万円以内の金額をおすすめします。