多重債務者キャッシング!お金借りることを諦めない

多重債務者キャッシング!お金借りることを諦めない

多重債務者キャッシング!お金借りることを諦めない

 

日常生活でとても便利なキャッシングは、手軽にお金が手に入って、日常生活には欠かせません。

 

とはいえ、便利だからといってお金を返すこと忘れてしまうと多重債務者になってしまいます。

 

いわゆるブラックリストと呼ばれるものです。

 

多重債務者になってしまったら、キャッシングはできないのでしょうか。

 

いいえ、そんなことはありません。

 

私は多重債務者でしたが、無事にお金を借りることができました。

 

私は37歳の男性です。

 

私は複数の消費者金融からお金を借りていた多重債務者です。

 

こんな私でも、無事にキャッシングをすることができました。

 

私の選んだ消費者金融はフクホーでした。

 

銀行のような審査の厳しいカードローンでは、きっと私のような多重債務者お金を借りることができないでしょう。

 

そこで、審査の甘そうな中小企業の消費者金融をねらっていました。

 

思い切ってフクホーで申し込みをしてみたら、無事にカード発行されて、一安心でした。

 

→ レディースカードローンの詳細

 

多重債務者だからといって、一度お金を借りてしまえば、一般の顧客と同じようにお金を返済するだけです。

 

フクホーは金利も安く、返済するには困りませんでした。

 

さすが一流で、多重債務でもお金を借りれる消費者金融、フクホーだと思いました。

 

多重債務者でも諦めないでください。多重債務でもお金を借りれるフクホーあれば、お金にピンチの時でも、多重債務である程度首が回らなくなっていてもお金を借りることができます。

 

今後もピンチの時に、審査の甘いフクホーを利用しようと思っています。

 

【多重債務キャッシング審査通過の可能性があるのは大手消費者金融】

 

・アイフル勤務先連絡

 

・プロミス会社連絡

 

多重債務者でもお金が借りれた体験談

 

多重債務者キャッシング!お金借りることを諦めない

お金に困っている時に、世の中で最も頼りになるのは、消費者金融のキャッシングです。

 

その反面、便利だからと言ってお金を借りまくっていると、返済しきれなくなったり返済が遅れたりして、多重債務者になってしまうという人もたまに見かけます。

 

多重債務者になったとしても諦めないでください。多重債務でもお金を借りれるキャッシングはできます。

 

私は25歳の男性です。東京都内の製造系の会社に勤務している男性です。

 

私は普段から、キャッシングをよく利用していました。返済するのが遅れてしまって、多重債務者になっていました。

 

ある日、キャッシングをしようと思うとお金を貸してくれないということがたびたび起こるようになり、多分ブラックリストに乗ってしまったと思いました。

 

今まで借りていた消費者金融からお金を借りるのを止めにして、小規模の消費者金融をねらうようにしました。

 

多重債務者の私でも、無事にお金を借りることができました。

 

小さめの消費者金融をねらうことで、多重債務者になったとしてもお金を借りることができます。

 

多重債務でもお金を借りれる方法としては、小さめのところをねらうというのが私のコツです。

 

多重債務者でも頑張れば、まだキャッシングのサービスを受けることができます。諦めないでください。

 

4社以上の多重債務でお金借りれる?おまとめローンで一括返済して金利を安くするには

 

キャッシングの審査では他社の借入れ状況が大きく影響します。

 

消費者金融からお金を借りる場合、総量規制によって年収3分の1以上の貸付を受けることができません。ただ、現在の借入額が年収3分の1に満たなくても借入れ4社を超えていると審査には通過しにくくなってきます。

 

複数件の借金を抱えている人を多重債務者と言いますが、多重債務者は多くのケースで自転車操業をしています。

 

そのためお金をかしたところで他社の返済に充てられる可能性が高く、返済がかなり厳しい状況となっているのでお金を貸しても返してもらえる信用がありません。そのため審査が厳しくなります。

 

実際には審査の基準はキャッシング会社ごとに変わるので、4社以上でも審査に通過できるケースがないわけではありません。

 

大手消費者金融や銀行はかなり難しいですが、中小消費者金融なら貸してくれるところもあります。

 

しかし、借金に借金を重ねても完済が遠のくだけなので、借り入れを重ねずに返済する方法を考えましょう。そのために利用したいのがおまとめローンです。

 

おまとめローンは、複数の債権者を1社にまとめることができる金融商品です。

 

例えばA30万円、B50万円、C80万円の借金をおまとめローンDでまとめて160万円を借り換える方法です。これによって借金はおまとめローンDの160万円のみとなり、A、B、Cは一括返済での完済となります。

 

複数の債権者を1社にまとめただけなので借金自体が減るわけではありませんが、取り引きをする会社が1社のみとなり、返済日は月1回・月々の返済額が減るなどの理由から返済計画も立てやすくなります。

 

ただし、おまとめローンを利用する最大の目的は金利です。

 

低金利のDで借り換えることによって、これまでよりも利息負担が減少すれば結果として返済総額を減らすことができます。

 

逆に、高金利のDで借り換えてしまうと、これまでよりも利息負担が増加して結果として返済総額を増やしてしまうことにもなるので金利に関しては注意が必要です。

 

また、金利が低くなっても月々の返済額を下げてしまうと利息の負担が増えてしまうこともあります。

 

利息は金利、元金残高、返済期間によって決まるので、低金利でも返済期間が長くなるほど利息負担が増してしまいます。

 

つまり、高めの金利でも月々の返済額を高く設定して短期間で返済をすることで利息負担は抑えることができるのです。

 

おまとめローンを利用すれば返済が楽になると安易に考えることはできません。事前に金利と返済期間を考えて申し込むようにしましょう。

 

ちなみに、おまとめローンを申し込む際にももちろん審査があります。まとめる件数が多いほど借入額も大きくなり審査がより厳しくなるため、例えば4社の借入れがある場合は高金利の3社だけをまとめて、低金利の1社はそのまま返済していくほうが審査に通過しやすくなります。

 

もしおまとめローンが利用できない場合は債務整理をおすすめします。債務整理は法律家や裁判所を通して借金を整理する方法で、トラブルなく借金問題を解決できます。

 

一番リスクが少ない債務整理が任意整理です。弁護士または司法書士が依頼者(債務者)に変わり、貸金業者(債権者)に対して借金の減額交渉をしてくれます。裁判所を通す必要がないので比較的簡単に行え、複数件の借金がある場合には債権者を選んで整理することもできます。

 

家族など周囲に知られるリスクは少なく、財産を失うことがないということもあり、債務整理の中でも最も多く取られている手続きです。

 

任意整理ができないなら個人再生や自己破産という方法を取ることもできます。まずは弁護士や司法書士に相談してみましょう。

 

借金まみれを何とかしたい!銀行カードローンと消費者金融どちらがいい?

親や友人などから、お金を借りていて借金まみれになってしまい事ある度に借金を返すように促され人間関係に支障を来たし始めているといった状況に陥っている人は少なくありません。

 

そんなときには、銀行が提供するカードローンや消費者金融が提供するカードローンを利用してキャッシングをして親や友人には、まとめて返済してしまうのが良い方法です。そうすれば借金を返すように催促されるかもといった心配を抱えながら人に会わなくても済むようになります。

 

ここで迷うのが銀行のカードローンと消費者金融のカードローンのどちらを利用すれば良いのかということになりますが、どちらを選べば良いのかは借金をした人の返済能力やキャッシングしたい金額などによって違ってくるのです。

 

毎月のお給料の金額が高く返済能力が高い人の場合は銀行のカードローンの方が適している場合が多くなります。なぜならば、銀行のカードローンの方が消費者金融より金利が低いことが多いからです。消費者金融の金利が年利で、およそ3パーセントから18パーセントぐらいあることが多い一方で、銀行の金利が年利で2パーセントから15パーセントぐらいと銀行の方が低めであることが分かります。

 

相場を挙げると金利に幅があることが分かりますが、これは借り入れる金額によって適用される金利が違ってくるためです。借り入れる金額が多ければ多いほど金利は低い方が適用されることになり、借り入れる金額が少ない場合は金利が高い方が適用されることになります。

 

初めてキャッシングを利用するといった場合は、最初からあまり高額な借り入れ限度額が設定されることはないので、最高金利が適用されることがほとんどです。そうなると消費者金融は年利18パーセントが適用されることが多く銀行は年利15パーセントが適用されることが多いということになります。

 

そうすると年利にして3パーセントもの差が生じることになるので返済のしやすさに大幅な差が生じることになるのです。そういった意味では銀行の方を利用した方が良いということになりますが、銀行は金利を低く抑える代わりに貸し倒れのリスクを低くするために審査の基準を厳しくしていることが多く、勤続年数が短かくて安定した収入を得ているの見なされなかったり、年収の金額が低く返済能力が充分ではないと見なされたときに審査に通過できず、そうなってしまえばキャッシングをすること自体できなくなってしまいます。

 

返済能力に自信がないという人は消費者金融が提供するカードローンを利用するのが良い方法の1つです。金利は銀行より多少高くなりますが、しっかりとした返済計画を立てれば、ちゃんと完済することが出来ます。

 

また消費者金融は無担保で、たくさんの人にお金を貸し出してきた実績があるため、様々なお客様の要望に応えられるように各種サービスが充実していることが多いです。例えば申し込んだその日に借り入れたお金が手に入る即日入金は、ほとんどの消費者金融で対応しています。

 

そのため、多少金利が高かったとしても急いでお金を借り入れたいと言った場合は消費者金融が提供するカードローンを利用してキャッシングをした方が良いということが多いです。

 

また、出来るだけ人の目に触れることなくお金を借り入れたいと言った場合に、銀行ではほとんど設置されていない無人契約機が数多く設置されていたり、Web完結の申し込みが可能になっていたりするので、人の目に触れる機会を最低限に抑えることができます。

 

無人契約機は土曜日や日曜日、祝日でも営業していますし、平日でも夜遅くまで営業しているので即日入金を希望するときに利用すると非常に便利です。

 

 

多重債務でも絶対借りれるおまとめカードローンってある?どこも融資してくれないなら

多重債務でも絶対借りられるおまとめカードローンはありません。初めてキャッシングを利用するのではなく、他社であってもこれまで遅延を起こさないで返済を続けてきた実績があっても、審査は厳しくなります。無担保・保証人なしで契約できる借り入れでは信用性が非常に重要です。

 

多重債務は計画的な利用をしている人が陥るものではなく、無計画な利用によって起きるものなので、今後返済できなくなる危険性が高いと判断されます。複数の借り入れをまとめるので限度額も高くなるので、通常のカードローンの契約よりも審査は厳しいです。

 

そのため、絶対に借りられる、というのは正規の金融機関ではありえず、対応しているとすれば闇金融です。返済に困っている状況で闇金融を利用すると、さらに負担が大きくなるので騙されないように注意しましょう。

 

どこに申し込んでも審査に落ちてしまう場合、その原因を考えて対策します。まず、何社も落ちているときに注意しなければならないのが申し込みブラックです。参照されるのは個人信用情報機関の申し込み情報の記録であり、これ自体はトラブルではないのでマイナスになるものではなく、半年程度で削除されます。

 

しかし、短期間に申し込みを繰り返し、審査に落ちているのであれば信用できない人物であると判断されるので、それだけで審査に落ちることがあります。そもそも審査に落ちるのは属性などに何らかの問題がある状態で、それを改善せずに申し込みを繰り返しても通る見込みは少ないです。落ちた場合は間隔を空けてから他社に申し込んだ方が良いでしょう。

 

 

契約数が多過ぎることも審査に落ちる原因です。おまとめローンでも何社でもまとめられるものではありません。

 

契約数が5社以上になっていると信用されなくなるので、利用中の金融機関の中で借り入れをまとめ、契約数を減らしておく必要があります。

 

借り入れ総額も少ない方が良いです。消費者金融の通常のキャッシングでまとめる場合、総量規制の対象になるので年収の3分の1を超えていれば法律の制限で利用できません。有利になる借り換えであれば例外になるため、借り換えやおまとめ専用のローンを用意している消費者金融が利用できます。

 

銀行カードローンは総量規制は関係ありませんが、それでも高額であれば厳しいです。無駄な出費を抑えて返済を進め、総額を減らしてから申し込んだ方が良いでしょう。

 

無担保・保証人なしで利用できるカードローンに拘ると選択肢が狭くなりますが、担保を使っても良いのであれば、不動産があれば不動産担保ローンを利用できます。

 

返済できないと不動産を失うので、本当に利用しても問題ないのか検討しなければなりませんが、担保の評価額に応じて高額の借り入れができ、貸し倒れの危険性が少ないのでカードローンに落ちる人も利用できることがあります。金利も低くなるので負担を抑えられるのがメリットです。

 

借りられる見込みが全くない場合は債務整理を検討した方が良いでしょう。

 

返済能力を超過した借り入れをしているのであれば、おまとめローンで金利を下げただけで対応しきれるものではなく、これがどこに申し込んでも審査に落ちる原因であることも考えられます。

 

債務整理を行うと個人信用情報機関に記録が残るので、今後5年間はクレジットカードやローンの利用ができなくなるデメリットがあるため、利用を躊躇しがちです。

 

しかし、この状態で返済を続けていても、お金が足りなくなって2か月以上の遅延を起こせば記録が残ります。

 

結果的に同じ状況になるのであれば、早めに債務整理して借り入れを減らした方が精神的にも経済的にも楽になります。判断が難しい場合は司法書士などの専門家に相談すると良いでしょう。