外国人のキャッシングについて 在留カードで即日融資できる?

外国人のキャッシング審査基準 カードローン審査否決にならないために

 

外国人のキャッシングについて 在留カードで即日融資できる?

キャッシングとなると、日本人に向けて離されるような音が多いですが、

 

日本に住んでいる外国人の方でもキャッシングを必要とするようなことがあります。

 

では、日本に住んでいる外国人の方がキャッシングをすることはできるのでしょうか?

 

結論から言いますと、外国人の方でも日本の消費者金融などでお金を借りることは可能です。

 

しかし、外国人の方でお金を借りるのはハードルが日本人のキャッシングよりも高い面もあります。

 

それななぜかというと、ビザがあったりなかったりすることやビザの内容によってお金を貸すこと自体にリスクがあると判断されて、消費者金融でもお金を貸し渋るようなことがあるのです。

 

貸し付けた外国の方が不法滞在なんてことになっていたら、お金なんて貸せませんよね?

 

また会社によっては、永住ビザを要求されることがあったりします。

 

安定した住所や仕事がなければお金を貸したくないといったものと同じで、外国人にも安定した職業や住所がしっかりと確保されるのか、税金を払っていたりしているのかなどをしっかり見ていこうとしています。

 

もちろん審査条件が緩い会社もありますが、外国の方にはちょっと条件が厳しくなるという面には十分に注意しましょう。

 

下記を参考にしてみてください。

 

【外国人でもお金を借りられる消費者金融】

 

プロミス職場連絡なしキャッシング

 

SMBCモビットWEB完結職場連絡なし

 

アイフル在籍確認なしキャッシング

 

アコム即日お金借りる

 

外国人でもしっかり審査基準を満たせばお金を借りられます。

 

外国人・外国籍でもカードローンでお金借りられる?審査は厳しい?

 

外国人キャッシングですが、これは当然日本人と比べると審査は厳しくなります。ですが一切不可能というわけではありません。

 

外国人であっても日本においてお金に困るケースというのはあるでしょう。

 

そして日本人と同じように、あるいは平均的な日本人以上にしっかりと返済能力もまた返済の意思もある外国人だっていくらでもいるはずです。

 

ローン会社からみれば、そのような外国人は日本人と同じように立派な潜在顧客となり得ますから、営利企業の一つとして門前払いする理由は全くありません。

 

ですが、安易には貸せないケースがあることもまた事実でしょう。極端な話かもしれませんが、例えば海外から1週間だけ日本に旅行に来ている外国人にお金を貸してよいでしょうか。もちろんきちんと返済してくれる人も中にはいるかもしれませんが、相当に望み薄だということは誰にでも分かるはずです。

 

いったいその1週間の間に返済するお金の目処をどうやってつけるのかということになるでしょうし、一切を無視して帰国されてしまえば追跡は極めて困難でしょう。

 

仮にパスポート情報を握っていたとしても、現実に海外に住む外国人に返済を迫るのは労力、時間、金銭のどれを取っても割に合わないことになるのは目に見えています。

 

ですからそういう人にお金を貸してくれるローン会社はまず存在しません。

 

そんな外国人の場合は、ローン会社に出向くよりは自国の大使館にでも駆け込んだほうがよほど問題の解決につながるはずです。

 

外国人キャッシングが認められるためには、最低限、日本での永住権を持っていることを条件としているローン会社が多いです。

 

一方で国籍は条件とされないことが普通です。

 

別に日本に帰化していることが必須なのではなく、一時的に日本に滞在しているわけでなく日本人と同じように日本に生活の基盤があることを条件としているのです。

 

もちろんそれだけで十分なわけでは決してありません。

 

日本人と同じように仕事を持っていて安定的な収入があることとか、これまでに金融事故がないことなどは日本人と同じように審査の対象となります。

 

その上で、審査の甘さ厳しさですが、やはり同じ属性であれば外国人キャッシングは日本人よりも厳しいということになるでしょう。

 

たとえ永住権を持っていても、いざ何か事が起こった場合に元いた海外に逃げてしまう可能性は日本人より高いと言わざるを得ないからです。

 

ただしそもそも永住権を持っているような外国人は平均的な日本人よりもむしろ属性が高いことが多いですから、全体として厳しいとは言えないかもしれません。

 

永住権なしで消費者金融借入可能?外国人でも借りられるキャッシング

 

外国人のキャッシングについて 在留カードで即日融資できる?

永住権がないと外国人キャッシングはできないと思われているかもしれませんが、これは必ずしも事実ではありません。

 

ただし金融機関を選ぶ必要はあります。消費者金融の場合は永住権がなくても借入可能ですが、銀行の場合は困難で、永住権が必要とされてしまうことが多いでしょう。

 

永住権のない外国人がキャッシングしたい場合には消費者金融を選択することがまず第一歩です。

 

ただ、永住権までは必須ではなくても、在留資格、在留カードを持っていることは最低条件です。

 

常識的に考えて分かることでしょうが、単に日本に観光旅行のために来ているような外国人に対してはいくら消費者金融でもお金を貸すことはありません。

 

そしてもちろん日本国内に住所を持ち、仕事をしていて安定した収入があることも必須条件です。

 

在留カードを持っている人であっても例えば日本人と結婚して専業主婦になっている人とか、留学生で学業に専念していて収入のないような人は対象外です。

 

外国人キャッシングの場合は言葉の問題もあるかもしれません。

 

別に日本語ができることが明確な融資条件とされているわけではないでしょうが、実際問題として申し込みの案内、申込書の記入、その後の手続きの説明は全て日本語で行われます。

 

最近の鉄道や空港、あるいは観光地などのように案内表記に英語や中国語、韓国語が併記されたりしているわけではありませんし、外国語ができる担当者が通訳を買って出てくれるわけでもありません。

 

ですから、日常的な日本語能力、つまり日常会話や読み書きが支障なくこなせる程度には日本語ができることも事実上の条件になります。

 

ただし、流暢に日本語ができるからというだけの理由で審査に通りやすくなるといったことはありません。

 

外国人キャッシングの場合は、収入などの面もさることながら、やはりいつなんどき国外に出られてしまうのではないかということが気にされるところです。

 

永住権はこの点では安心材料なわけですが、永住権がない場合、これまでの日本在留年数の長さ、そして今後の日本在留年数の長さが問題になってきます。どちらも、長ければ長いに越したことはありません。

 

これまでの日本在留年数が1年という人よりは5年という人のほうが、この人はそれだけ日本の社会に根を下ろしているなと考えられ、審査にも通過しやすくなることは間違いないでしょう。

 

また在留カードには今後の在留年数も書かれています。こちらも長いほうが審査上有利です。

 

外国人留学生ですが生活費厳しい。カードローンで借入可能?在籍確認はどうなる?

 

外国人のキャッシングについて 在留カードで即日融資できる?

中には外国人キャッシングを行っていないカードローン業者もありますが、大手のカードローン業者ならばほぼ問題なく利用できます。

 

ただし、希望すれば無条件に融資を受けられるということではなく、申し込んだカードローン業者が行う審査をクリアする必要があります。

 

カードローン業者の審査内容は明らかになってはいませんが、おおよそどのような項目が対象になるのか、クリア基準の目安はどのくらいなのかを把握することは可能です。

 

ただ、一つの基準を把握すればすべての状況に適応できるというわけではありません。

 

なぜなら、カードローン業者によって審査項目や審査内容、それぞれの結果をどのように判断するのかが違うためです。

 

一定の水準をクリアしている状態であれば多くのカードローン業者で融資を受けられる可能性はありますが、少しの違いで結果が真逆になってしまうことも往々にしてあり得ます。

 

特に外国人の場合は審査基準が高めに設定されやすく、日本人でさえ審査突破が難しい状況ではさらに難易度が高くなってしまいます。

 

それだけの難関をクリアしなければいけない状況も踏まえ、できる限りの準備をしておいた方が賢明です。

 

外国人キャッシングを実現するための準備として、まずは「外国人向けの融資を行っているカードローン業者を見つけること」が肝心です。

 

いかに優秀な属性を持っていたとしても、そもそも外国人向けの融資を行っていなければ何の意味もありません。

 

まずは外国人でも利用できるカードローン業者を把握し、その中で最も可能性が高いカードローン業者や最も条件が良いカードローン業者などを選んでいく方法が効率的です。

 

大手のカードローン業者ならばほとんどが外国人キャッシングを行っているとはいえ、それはあくまでも「融資の対象に含まれるだけ」です。

 

国籍などによる差別をしていないようなアピールをする目的でのみ宣言している可能性もあるので、申し込む前にしっかりと確認しておくようにしましょう。

 

申し込みに当たって気にした方が良いポイントとして、「在籍確認」があります。

 

在籍確認は多くの人が気にするポイントですが、外国人キャッシングの場合は特に重視すべきポイントになります。

 

日常的に自分宛ての電話が来る環境で働いているならば良いですが、そうではない環境で突然個人宛て、なおかつ外国人に対する電話が掛かってきたとなれば社内で話題になってしまう可能性もあるので、しっかり対処しておいた方が賢明です。

 

 

在留カード融資 カードローン審査で低金利でお金借りれる?ほかにも借り入れあると審査が不利になるって本当?

 

カードローン業者によって具体的な扱いは違いますが、「在留カード」などで身分を証明することができるのであれば、外国人でも問題なく融資を行うカードローン業者は多いです。

 

さまざまな目的で日本に滞在している外国人の中には、裕福な生活を送ることができない人もたくさんいます。

 

たとえば「出稼ぎ」に来ている外国人などは、祖国にいる家族に仕送りをするために日本で働いているので、それほど余裕のある生活をしていない割合が多いです。

 

そのため、日本人よりもむしろカードローンの必要性が高い外国人もいます。

 

もし、カードローンが日本人限定のサービスであればまだしも、一定の条件(融資条件)さえ満たすことができれば外国人キャッシングも問題なく行っているからこそ、多くの利用者がカードローンを使って必要な資金を確保しています。

 

カードローンはほぼすべてが「事業融資を除く目的」に対して融資を行うことを制限していますが、生活資金のためであれば何の問題もありません。

 

ただし、根本的にカードローンは「金利が高い」という特徴があります。

 

消費者金融系と銀行系では平均金利に大きな違いがあって、銀行系カードローンを利用できれば低めの金利で借り入れをすることもできます。

 

しかし、相対的に低めの金利で利用することができるとは言っても目的ローンと比べると非常に高い金利が設定されるため、必ずしも低金利で借り入れができるとは限りません。

 

その辺りを十分に調査、把握したうえで「メリットがある」と判断できる状況ならば何の問題もありませんが、そうではないならば「少しでも金利が低い(カード)ローン」を選択することが非常に大切です。

 

そして、多くの場合その選択肢となり得るのは「目的ローン」であり、カードローンに限定した場合は「できる限り低めの金利設定のものを選ぶ」という努力が非常に重要です。

 

つまり、低金利で借り入れを希望しているならば「銀行の目的ローン」、または「公的資金」を利用するべきであり、その中でも特に低金利で契約できる選択肢を選ぶことが非常に重要です。

 

また、他社借り入れがある状況では当然のように審査突破が厳しくなってしまいます。

 

ただでさえ審査基準が厳しくなりやすい外国人キャッシングで、なおかつ他社借り入れがある状況は「ほぼ契約できなくなってしまう」というくらいの認識を持った方が賢明です。

 

実際には年収と債務総額の割合、過去の取り引き履歴や信用などで結果は大きく変わりますが、少しでも可能性が高い方法を選択することが大切です。