みずほ銀行の在籍確認審査基準 即日借り入れ可能なカードローンとは

 

 

・みずほ銀行カードローンの金利
エグゼクティブプラン 3.5−7.0%
コンフォートプラン 4.0−14.0%

 

・最高限度額はゆとりの1,000万円
・24時間申込み受付可能で最短即日利用可能
・みずほ銀行キャッシュカードを持っていると便利
・キャッシュカードを持っていればキャッシングカード発行不要です。

 

※限度額200万円以下なら、収入証明書(所得証明書)は不要で主婦の方でもキャッシング可能です。

 

 

 

みずほ銀行の在籍確認審査基準 即日借り入れ可能なカードローンとは

 

みずほ銀行カードローンで、いざ借り入れの申請をする際には、いろいろな必要書類がいるのでありますが、どのよな書類を用意すればいいのでしょうか。

 

申請書類も各会社によって、用意しなければならないものや条件が異なってきますので、洗家家事目確認が必要です。

 

みずほ銀行カードローンで、基本的に必要となる書類としては、

 

本人であることが確認できる書類(運転免許証、住民票、在留カード、健康保険証など)が必要となります。

 

(ただし、本人確認書類については依頼者様の氏名、住所、生年月日が記載されているものでなければ、必要書類とはされないので注意してください)

 

また、収入証明書に関しましては、借入額が200万円以下でありますと不要となりますが、

 

それよりも上の場合には収入証明書(源泉徴収書、個人事業主や法人の場合には課税証明書、もしくは納税証明書のどちらか)

 

が必要となります。

 

後は、返済のようの普通預金口座について届ける必要がありますが、すでにみずほ銀行で口座をお持ちの場合でありましたら、こちらは口座を作った際に届けていただいた印鑑を利用すればいいです。

 

真正の際には、これらの書類を必ず忘れないように届けて審査がうまくいかないようなことが起こらないようにしてください。

 

みずほ銀行のメリットとモバイルツール

 

ここ最近では、モバイルツールという非常に便利なものがあります。

 

あのツールの一番良い点は、やはり場所を問わない点でしょう。たとえ外出先でも利用する事ができるのは、メリットとして大きいですね。

 

ところでみずほ銀行の商品を利用している方は、しばしばモバイルツールに関するメリットを感じているようです。

 

というのも去年の6月頃なのですが、ある方がその銀行のカードローンの申込をしました。

 

そして、その銀行の商品は非常に便利だと感じていらっしゃるようです。

 

それが上記のモバイルツールなのです。

 

銀行から借りた時には、もちろん返す必要があります。

 

ただ返すにしても、実店舗まで足を運ぶのはちょっと手間がかかりますね。

 

少しの資金を返すにしても、わざわざ実店舗まで行くのが面倒だと考えられるでしょう。

 

ところがみずほ銀行の場合は、上記のモバイルツールを用いて返す事ができるのです。

 

というのもこの銀行では、インターネットで返す事が可能です。

 

そして、もちろん携帯電話で振り込みを行う事ができるのですね。

 

場所を問わずに返す事ができるので、とても便利だと感じていらっしゃるのだそうです。それは確かにその通りですね。

 

ちなみに金融会社にとっては、そのモバイルツールで返すのがちょっと難しい事もあります。

 

それが可能なのが、みずほ銀行のメリットの1つですね。

 

 

みずほ銀行カードローンの審査時間について

 

銀行系カードローンの審査時間と聞くと、審査がちょっと厳しいため時間がかかるのではないかというのが一般的なイメージであります。
では、みずほ銀行カードローンの審査時間についてはどれくらい時間がかかるのでしょうか?

 

みずほ銀行カードローンですと審査時間については申請方法によって異なります。

 

インターネットのお申し込みですと、お申し込みの当日か翌営業日に審査結果の返事が来るそうで、店頭でのお申し込みですとお申込当日に審査結果の返事がきます。

 

郵送となりますと、申込書が銀行に到着した当日もしくは翌営業日に、

 

電話ですと、少し時間がかかるようで、申込受付後2〜3営業日後に審査結果の返答が来るそうです。

 

原則的にはこのような感じで返事が来るようになっているようですが、申し込んだ威艦隊や借入金額、

 

土日を挟んでしまうような場合には、審査結果の返事は当然に遅れてしまいますが、

 

審査結果の報告が来るまでの時間としては、みずほ銀行カードローンはかなり審査が早い方であると思われます。

 

 

大手ならではの審査体制の確立や、即日融資を行っている点など審査の速さはかなりいい方だと思いますので

 

出来る限り早めにお金を借り入れしたいというときには、みずほ銀行カードローンはかなりいいのではないかと思われます。

 

みずほ銀行カードローンの借入限度額について

 

各消費者金融や銀行系カードローンで借入限度額というのは差がありますが、

 

みずほ銀行カードローンでの借り入れ限度額はその他の消費者金融などと比べるとどれくらい違いがあるのでしょうか?

 

みずほ銀行カードローンの借入限度額については1000万円となっていますが、この金額はかなり大きな金額であります。

 

通常の消費者金融や銀行系カードローンですと、

 

借入限度額は500万円ぐらいまでが限度というのが相場となっており、それと比べるとかなり大きな金額であります。

 

また、1000万円というのはあらゆる銀行系カードローンや消費者金融と比較してもトップクラスの借入限度額であり、

 

大きな金額を借りるのであればみずほ銀行は最有力候補となるのは間違いないでしょう。

 

ただ、これだけ大きな金額を借りるというのは個人ではなかなかありません。

 

多くの方はここまでの金額を借り入れすることは不可能ですし、まずしないでしょう。

 

みずほ銀行で借入限度額付近までお金を借りるというんであれば、対象となるのは法人や個人事業主といった企業向けの借入申請に限られるといえましょう。

 

かなりの大きな金額の限度額を借りれるということが必要であるのなら、みずほ銀行カードローンは大きなメリットがあるといえるカードローンでしょう。

 

初めてのカードローン申請

 

先日、実家の家電が故障し、新しい家電の購入資金として初めてカードローンの申請をしました。

 

家電購入の場合、カードローンではなく、単純に分割払いという選択肢もありましたが、この先急にお金がいるとなった場合に、

 

カードさえ所有しておけば即日でお金を借りれるというメリットがあったため、カードローンという選択肢を選びました。

 

カードローンは消費者金融系のもとの銀行系のものがありましたが、銀行系のカードローンの方がわずかに金利が低く、

 

信頼性からも銀行のほうが良いと思い、銀行系のカードローンを選びました。

 

銀行系のカードローンの中でも、地方銀行のものと都市銀行のものがありますが、信頼性という面から都市銀行のみずほ銀行のカードローンを選びました。

 

 審査には50万円の利用可能枠で申請を出しました。

 

初めは職場への在籍確認に抵抗がありましたが、実際には銀行名は語らず、

 

個人名での本人確認だったので、特に会社に気を使うことなく在籍確認も1分程で終わり、審査結果は申し込み翌日には審査結果の通知がメールで届きました。

 

自分自身はみずほ銀行の口座をもっていなかったため、みずほ銀行の口座を開設してからのカード発行となりましたが、審査終了後からの段取りもスムーズで申し込みから2週間程でカードが手元に届きました。

 

そのカードを使用し、実家に新しい家電を買うことも出来たのですごく満足しています。

 

しばらくはローンを返済する日が続きますが、返済終了後はすぐに使える非常用のお金が50万円手元にあると思えばここと強いです。

 

大手なので安心して使うことができた

 

一人暮らしを始めてからというもの、生きるという事にはこんなにお金がかかるのかと思いました。

 

まず引っ越し自体にもお金がかかり、職場での付き合い、同期会、友人との女子会、それらの人達の結婚式等々上げればきりがない。

 

さらにそこから、日常の生活費となるとお金の管理はとっても大変です。

 

私自身もともとショッピングは好きで、社会に出てからはストレス発散にも使っていました。

 

ある月、運悪くそれらが一気にやってきました。その月には結婚式が2つ、

 

家族旅行が一つ、職場の飲み会の幹事、その上に冷蔵庫が壊れる等お金がいくらあっても足りません。

 

しかし来月はボーナス月なのでそこまで凌げばどうにかなると思いました。

 

私はあらかじめテレビで知っていた、会社にも在籍確認もなく、

 

保証人も要らず、キャッシングの即日融資ができるというカードローンを利用しようと思いました。

 

色々なサイトで他銀行との金利比較や銀行カードローンの審査の状況などを調べましたが、

 

もともと給料の入金はみずほ銀行だったのでその点でも安心して借りる事が出来ました。

 

その時は利息のキャンペーンもやっていた為、利子も少なくて済むかもしれないと思いさっそく手続きをしたところ、

 

即日金融機関の審査も通り、お金を借りる事ができとても助かりました。

 

 

社会人になるとお金がないと言えない時がある為、上手にキャッシングと付き合っていくのもとても大事だと思います。

 

 

みずほ銀行カードローンで即日振込可能?お金借りるときキャッシングおすすめは

 

みずほ銀行カードローンの利用で即日融資を受けたい時には、あらかじめみずほ銀行の普通預金口座を用意しておかなければなりません。

 

口座を持っていないとカードローンの審査をまずは受けて、それでOKになったら口座を開設することになりますので時間も手間もかかります。

 

既に普通預金口座があれば、最近多くのところで利用されているWeb完結型の申込みをすることで即日入金が可能になります。

 

この場合、わざわざ窓口に行くことなく契約を進め、そのまま借入をすることができますので、手続きがとても楽です。

 

申込みをする時にはいくつかの書類を提出しなければなりませんが、Web完結型ならそれらの書類もWebを通して申請できますので全てにおいて楽です。

 

みずほ銀行に口座がない場合、まずは審査を受けてそれに通過した後に口座の開設が必要となります。

 

口座を持ちたくないという人も中にはいるかもしれませんが、口座がないと融資を受けることができませんので、

 

すぐにでもお金を用意したい時には迅速に口座を開設する必要があります。

 

ただし、どんなに急いでも口座がない人は即日融資を受けることができませんので、その点は覚えておかなければなりません。

 

 

つまり、みずほ銀行カードローンで即日融資を受けるためには、

 

既にみずほ銀行の口座とキャッシュカードを持っていて、カードローンを契約する時にキャッシュカード兼用型を選んでおく必要があります。

 

これが即日入金を叶えるためのポイントになりますので、利用したい時にはしっかりと覚えておきましょう。

 

これにもう一つ条件があって、みずほダイレクトを利用していて利用限度額が200万円以下という点もポイントになります。

 

条件を満たせばWeb完結型の申込みのみで迅速に契約を結ぶことができます。

 

 

みずほ銀行カードローンはおすすめのキャッシングであり、ATMからの借り入れもできますし、みずほダイレクトの銀行振り込みも利用できます。

 

ATMを利用したい時にはカードが必要ですが、カードさえあればATMのある場所ならどこからでも利用できます。

 

新たに口座を開設する際には最初はカードがありませんので、それが届くまではATMを利用して借入をすることができません。

 

 

みずほ銀行のカードローンへの申込みですが、ネットなら最短即時で回答が得られます。

 

ただし、申込み時間が午後になれば翌営業日に回されてしまいます。店頭での申込みの場合、原則として翌営業日の回答となります。

 

申込み時間帯によっては2営業日後になってしまうこともありますので、なるべく早い時間に申し込む必要があります。

 

他にも郵送や電話という手段もありますが、どちらも時間が少々かかりますので急いでいる時にはあまり利用できません。

 

これらの方法を比較した場合、やはりネットを介したWeb完結型がもっともスピーディーに処理されます。

 

午前中の早い時間にネットから申し込むようにすれば、その日のうちにお金が用意できます。